代替療法

オゾン療法

「オゾン療法」とはオゾンガスを用いた治療の総称をいい、がんやアトピー性皮膚炎、椎間板ヘルニア、自己免疫疾患、関節疾患、肝炎、腎不全など、多くの難治性および老齢性疾患に対して有用な治療法です。オゾン療法は万能ではありませんが応用範囲が広く、あらゆる治療に併用することで相乗効果を得られます。また、適切に使用すれば副作用がないことから、治療の土台として安心して用いることが可能です。
最近では治療だけでなく、体調維持や老化予防(アンチエイジング)としても定期的にオゾン療法を受けに来院される方が増えています。
当院では積極的にこの治療を取り入れておりますのでお気軽にご相談下さい。

オゾン療法の種類

オゾン療法
オゾン発生装置

(病気の種類別に使い分けています)

全身療法

  • 直腸注入法
  • 自家血液療法

局所療法

  • 皮下注射
  • オゾン水、オゾン化オリーブ油

診療プランとご料金の目安

オゾン療法
直腸注入法の様子

例1)直腸注入法 小型犬の老化予防目的 1回1,000円〜(診察料別、税別) スタート時は週に2〜3回を5週間程度、その後1〜2週に1回のペースで継続。

例2)オゾン水 猫の創傷消毒と治癒目的 1回1,500円〜(診察料別、税別) 創傷の程度によりますが、週に1〜2回程度の通院を良化まで継続。

鍼治療

鍼治療

鍼治療は、体のバランスを整え、自然治癒力を引き出し、免疫機能を高めます。また、痛みを和らげ、炎症に対しても効果が期待できます。

高齢動物の関節痛、術後のリハビリ、もしくは手術をしたくても出来ないような場合の代替治療として、当院では施術を行っております。

鍼治療対応疾患

  • 運動器疾患
  • 椎間板ヘルニア
  • 各種神経疾患
  • 関節疾患 など

鍼治療を行なうと、動物は気持ちよさそうにリラックスしますが、中には敏感な子もおり鍼が出来ない場合もあります。

低周波パルス治療器

低周波パルス治療器

当院では鍼治療に低周波パルス治療器を使用しています。
筋肉や神経に対し、鍼を通して電気の刺激を与えることによって、痛みの緩和をしていきます。
また、筋肉を電気刺激で動かすことによって萎縮を防いだり筋力を強化するリハビリも兼ねた治療法です。

サプリメント

  • サプリメント
  • サプリメント
  • サプリメント

当院では病気治療の補助として、またその予防などに様々なサプリメントを使用しています。自己判断での使用に比べると、獣医師との連携により適切なサプリメント選びが出来るというメリットがあります。

各年齢や体質などで愛するペットに何かしてあげたいと思われている飼い主様に多くお選び頂いています。まずはご相談下さい。

レーザー治療

レーザー治療

レーザー光線は皮膚から2~3cm 内部に達し、主に以下の4つの効果があります。

血行の促進:
血管が拡張することで血行を促進し、局所に蓄積した発熱物質を分散でき、組織の再生も促進される。
痛覚の抑制:
痛みを伝達する神経の働きを抑制する。
発熱物質の放出抑制:
免疫系等に働きかけ、痛みを引き起こす細胞伝達物質の放出を抑制する。
組織の再生:
細胞を活性化し、ケラチノイドやコラーゲンの分泌を促進する。

レーザー治療は痛みや熱を感じず副作用がほとんどないため、体力低下時・広範囲に痛みのある時にも応用できます。

ページトップ